女性もなるAGA

AGAは男性型脱毛症です。
これは男性に存在する男性ホルモンが作用することで髪の毛を阻害して起こるものです。
男性型脱毛症という名称であるため女性の方は気にする必要はないと考えてしまいますが、実は女性もこのAGAになる可能性はあるのです。
女性の場合には単にAGAと呼ぶのではなくFAGA、女性男性型脱毛症という名称で区別されます。
区別されるように女性で発症すると男性とは違った症状の進行が見られます。

女性でも何故発症するのかというと男性の体に含まれるホルモンは何も男性ホルモンだけではありません。
数こそ少ないですが女性ホルモンも存在します。
それと同じように女性も女性ホルモンだけでなく男性ホルモンが存在するのです。
男性に比べると女性は髪の毛が長くなりやすいですが、これは女性ホルモンには髪の毛を育てる種類のものが存在するからです。
そのため女性ホルモンが少なくなるとその働きが弱まり、逆に存在している男性ホルモンが働いてしまうのが女性のFAGAの原因となります。

男性とは違った症状の進行が見られますが、FAGAはAGAに比べるとどのような違いが見られるでしょうか。
原因としてホルモンバランスの崩れが見られますが、その改善をするにはどのようにしていけばいいでしょうか。
発症したとなるとAGAを解決するためにクリニックに行くことになりますが、女性の場合にはどのように選んでいけばよいでしょうか。

今は大丈夫という人もまだ安心はできません。
今のうちに対処をしておきましょう。



<Recommend Site>
女性の薄毛にも効果のある治療を施術している美容クリニックです ・・・ 薄毛

Copyright © 2014 女性向けのAGA治療 All Rights Reserved.